アラサー女子が20代女子に婚活で勝つには何を意識すれば良い?

「若さ」が女性の大きな武器。

といわれている今の時代にとって婚活の場でも「若い」女性に全てを持っていかれるという事態が起きています。確かに、合コンなどでも男性はアラサー女子より20代の若い女子に夢中になりがちですよね…。

ですが、婚活という場では弱肉強食。若さに打ち勝たないと満足いく婚活ができなくなってしまいます。

今回は、アラサー女子が婚活の場で20代女子に勝つために意識すべきことを解説していきます。

其の一 痛々しいブリッコはやめる!

20代の婚活女子は黙っていても男性にちやほやされるので可愛さを振りまいています

婚活の場では30代より上の男性が多いため20代女子にとっては「年上の男性ばかり」という状況ですので、甘えるのが手っ取り早く男性を落とす方法です。
ですが…アラサー女性が同じように男性に甘えてブリッコしていてもドン引きされます

これは言動だけでなく服装などにも言えることです。

・話し方

・服装

年相応にしておかないと「アラサーなのにいつまで若い子気分でいるんだろう・イタい人だな」などマイナスなイメージを持たれることも…。

○ブリッコしないでどうやってアピールすればいいの?

アラサー女性は「大人の女性」です。

20代の若い女性にはない魅力がたくさんあります

例えば、落ち着いた雰囲気や癒し系の雰囲気などで男性を魅了するのもよいでしょう。キャピキャピ感から卒業して男性の気持ちに寄り添う接し方を目指しましょう。

・相槌のバリエーションを増やす

「すごーい」「やばーい」「かっこいー!」など若い子の若さ補正があって許容されるような相槌はやめましょう。男性を魅了する仕事であるホステスの中でも「高級」と呼ばれるような一流の女性たちは様々な相槌を持っています。

相槌を打ちながらも男性の自慢をうまく引き出したり、男性が話して気持ちよくなるように質問を挟み込みます。

婚活の場で会話をしていて男性が「居心地がいいな」と思ってもらえればキャピキャピしているだけの若い女性よりも勝算があると言えます。

・若作りしない

若々しく見せることと若作りは別物です。

アラサー女性にふさわしいメイクや服装で清潔に若々しく見せるように努力しましょう。

20代の女性と張り合うために若作りを思わせる髪型や大きすぎるカラーコンタクト、露出などは絶対に控えましょう

其の二 柔軟さを見せる

柔軟さといっても「体の柔軟さ」ではありません。

「心の柔軟さ」です。

男性はアラサー女性に対して「気難しい・わがままで今まで結婚できていない」など偏見を持っていることがあります

確かに、20代の時に理想が高かったりキャリアを優先したことによって結婚を逃してきたアラサー女性が多いのも事実です。

・男性の気持ちになって考えてみる

20代の女性が相手でも「年収は600万円以上」「イケメン」「親との同居・介護は将来的にも嫌」「自分のキャリアを守りたいので転勤などの際はついていきたくない」…など

あまりにも男性にいろいろ求める女性というのは男性にとって厄介なものです。

若さという武器を持っている女性でも敬遠されます。

・若さという武器がない分柔軟に対応する

アラサーというのは婚活の場では不利な立場になります。

そのため、20代の若い女性よりも自分がわがままでないことが必須でしょう。

逆に男性の要望にも柔軟に対応できるほうがより良いと言えます。

例えば、将来の親との同居・地方都市への移住や働き方など男性の意見を考えられるくらいの余裕を持つ必要があります。

○都合のいい女にはなりすぎないこと

この章では、男性の要望に柔軟に対応できるようになることを意識すべきだと解説しましたが、

一つだけ注意してほしいことがあります。

それは「都合のいい女になりすぎることは避けてほしい」というものです。

男性にとって「若さ」以外で条件のいい女になることで勝率を上げようというこの方法ですが、あまりにもイエスマンになってしまわないようにしましょう。

都合のいい女になりすぎてしまうことで結婚の幸せよりも自分を縛り付ける重りのほうが重くなってしまうからです。

男性の言いなりになるのではなく「柔軟に考える姿勢」が大事だということです。

男性も親身になって考えてくれる女性のほうがその後の結婚生活について不安も少なくなります。

其の三 経済的な自立もアピールする

男性はプライドの高い生き物です。そのため「女性を養う」ことを考えているものですが、最近では女性に自立を求める男性も多くなっているのをご存知でしょうか。

女性が経済的に自立していたほうが男性に対する負担も少なくなりますし、男性の身に万が一のことが起きた時に家庭崩壊を防ぐこともできるからです。

そのため、経済的な自立の面ではアラサー女性はキャリアがあればかなり有利になります

・でもプライドを傷つけないように

経済的な自立を女性に求める一方で男性は「女性よりも自分が稼いでいたい」生き物です。

金の話をする際には男性のプライドを傷つけないように注意する必要があります。

○交際期間・結婚資金などで男性だけに負担をかけない強み

キャリアがない20代女性よりもキャリアがあって自立しているアラサー女性は結婚という一大イベントで男性にだけ金銭的な負担をさせることがありません。

女性を養っていくことに関して不安や疑問を抱いている男性にとっては魅力的な条件です。

そのため、婚活の場ではイヤミにならない程度に経済的な自立ができているアピールも考えておきましょう。

○早め早めの行動が一番

アラサーでも婚活に成功する人は多くいます。それでも「若さ」が重要視されるのは仕方のないことです。

30歳よりも33歳のほうが厳しくなり、30代後半になればもっと厳しくなります

20代の若い子に勝つために意識を高めることも重要ですが、何よりも婚活で勝つために意識をすべきなのは

「早め、早めの行動」です。

恋愛の悩みがあるあなた。当たると口コミで話題の全国の占い師に電話で無料相談をしてみては?

コメントを残す