アラサー女性が結婚相手に求めがちな6つの高すぎる理想

アラサー女性が「出会いがない」というと、必ず返ってくるのが「理想が高いから」という答え。自分では特別、理想が高いとも思っていないのになぁ・・
そう思うアラサー女性は多いと思います。

しかし、頑張って婚活しているのに、なかなかいいご縁に巡り合えない・・。
そんな方は、もしかしたら自分が気がついていないだけで、実は高い理想を掲げてしまっているのかも!?

今回の「アラサー女性が結婚相手に求めがちな6つの高すぎる理想」記事を読んで、自分に思い当たるところがないか、チェックしてみて下さい!

アラサー女性が結婚相手に求めがち!高すぎる理想とは?

アラサー女性が結婚相手に求めたい条件。いろいろあるとは思いますが、その条件こそがあなたの婚活の成功を妨げているのかもしれません。
今から挙げる、アラサー女性にありがちな高すぎる理想、参考にしてくださいね!

結婚相手の年収は400万円以上、欲しい

生活する以上、ある程度の経済力というのは必要ですよね。社会に出てその苦労を味わっているアラサー女性にとって、相手の年収はとても気になるところだと思います。
しかし、アラサー女性が「このくらいはあってほしい」という年収と、実際の男性の年収では、かなりの差があることがわかっているのです。

それは、2014年の7月に、「明治安田生活福祉研究所」が発表した「2014年 20代~40代の恋愛と結婚」という調査にあります。

この調査の『未婚女性が結婚相手に希望する最低年収』の項目において、20代女性が希望する最低年収は、同率の1位で「300万~400万円未満」「400万~500万円未満」となり、30代女性になると「400万~500万円未満」が単独1位になりました。

つまり、アラサー女性の多くが、結婚相手の最低年収として「400万円以上欲しい!」と希望しているのです。一見すると、これはそれほど高い望みだと思えませんよね?

しかし、この一方で、年収が400万円以上ある未婚男性の割合は、20代で11.7%、30代で26.7%しかいなかったのです。20代男性は学生が多いので仕方ないとしても、30代男性で年収400万円の割合がこんなに少ないとは、正直驚きです!

残念ながら、この不景気の世の中、アラサー女性が求める結婚相手の年収と実際の男性の年収には大きな違いがあるようです。
あなたの結婚相手に対する希望年収の認識も、直ちに変更したほうがいいようですよ!

高学歴を求める

結婚相手に望む条件として、高い学歴を挙げる人がいます。しかし、社会に出て見ればわかるように、実際働くのに学歴は必要ありません。

学歴が高ければ、きっといい会社に入って、年収もいいに違いない・・というもくろみもNG!前述の年収の話からもわかるように、年収が高い人の割合はかなり少ないのです!

つまり、出会えるチャンスもごくわずかだということ。数少ないチャンスを奪い合うより、もっと広く開けているチャンスに目を向けるべきです。

特定の職業に固執する

「医者とか、弁護士とかと結婚したい!」などと特定の職業に固執する人もいますよね。もちろん、理想を高く掲げ、努力して勝ち取ることは不可能ではありません。実際、医者や弁護士と結婚できる人もいますしね。

しかし、成功する可能性としては、かなり低くなります。ダメもとで低い可能性に賭けてみるか、それとももっと違う方向に目を向けるか、それはあなた次第です。

容姿にこだわる

男性の身長は180cm以上なければダメ!という人もいます。しかし、180cm以上の男性はそう多くはありませんよね?
つまり、身長を180cm以上としてしまった故に、自分で選択できる男性の幅を狭めていることにつながるのです。気をつけましょう!

容姿というのは個人の好みにかなり左右されるものです。相手の容姿において、自分が大切にしたい条件は何なのか?何は許せないのか?そこを考えてみるといいかもしれません。

長男はイヤ!

長男と結婚・・となると、ゆくゆくは親と同居?ということがチラついて、嫌だという人がいます。ただ、よく考えてみると、少子化が進むこの時代、結婚相手に同じ男の兄弟がいることの方が割合的には少ないのです。

また、今は親の方も「お嫁さんと暮らすのは気づまり。どうせ一緒に暮らすなら娘と」と考える人達が増えているのです。

親と同居かどうかというのは、確かに無視できない問題ですが、頭から長男はNGと考えず、よく相手の家族の状況などを確認することも大事です。

普通の男性でいい・・

高望みはしない、ごく普通の男性でいい・・
アラサー女性によく聞かれる言葉ですが、実はこの条件こそが最大のネックになっていることに全く気がついていない女性が多いようです。

何故なら、「普通の男性でいい」というこの言葉の裏側には、「平均的な条件でいいから、全てを満たしていてほしい」という欲求があるからです。

「普通の年収で、普通の容姿で、普通に会話できて、普通に清潔感があり・・」
1つ1つの条件は高くはないように思えますが、こうやって普通の条件を並べていくと、実はそれに合致する男性は0.8%しか存在しない計算になるのだとか!
すなわち、100人に1人もいないということなのです。いかに稀有な存在を求めているか、お分かりになるでしょう。

「ALL普通の男性」は即刻理想から外して、もっと寛容な条件に切り替えましょう!

いかがでしたか?「アラサー女性が結婚相手に求めがちな6つの高すぎる理想」ギクッとした人はどのくらいいたでしょうか?

でも、まだ遅くはありません!「婚活」はあきらめないことが肝心です!今回の記事を参考にして、結婚相手に求める条件を新たに組み直してください。

恋愛の悩みがあるあなた。当たると口コミで話題の全国の占い師に電話で無料相談をしてみては?

コメントを残す